プロフィール
SALON ガラスの靴
SALON ガラスの靴
2007年3月6日、娘たちが
1歳10ヶ月の時に起業!!
徳島市で保育園経営
10年を経て、
2017年4月22日、
食・色・心理学…と、
様々な分野の視点・視座より
一人ひとりの個性を引き出し
コミュニケーション力サポート
メンタルケア・サポートを
重点に活動開始。

===========

 レジリエンス力を築く
      +
   幸せ感覚を磨く
      ⇩
   生きる力を育てる

===========

I am so lucky to have met you.

一度きりの人生、どんな花を咲かせたい?
一人ひとりに心を込めて・・・。
『 心の財産は 一生の宝物 』

===========
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人

2015年02月03日

両親の結婚記念日。。。。。




今から数十年前、母は父のもとへ嫁いでいきました。
雪まみれになって、嫁いでいったそうです。
雪の中の白無垢・・・まるで、雪女のような(笑)

先程、双子娘たちと一緒に、お寿司といちごを持って会いにいきました。

父は、相変わらずの一人漫談で、私たちを出迎えてくれました。
母が、満面の笑顔で、ゆっくりでてきました。


頭は真っ白になっていました。 花嫁さんの綿帽子のようでした。


娘たちを目の前に、

「いや~おおきくなったなぁ~ 何年生だったで?」
「どっちが、どっちか、見分けがつかんようになって~♫」

大きく成長した二人を、誇らしそうに見ていてくれました。


ただ・・・私の事が、分からない。

これ以上は綴れません。





お母さん・お父さんへ

一生懸命に育ててくれて有難うございます。
心の財産は、娘たちに引き継ぎ中です。

長いようで短い人生。
一度きりの人生は、楽しむべし!     ひろこより
  
       

          




『 ふたつの分かれ道 』



小学生のころ、母は念願だった『お花屋さん』をオープンさせた。
大きなショッピングセンター内の一角にある母のお城。
お仕事も、子育ても、一生懸命な母を、
子どもながらに応援してあげたかった。

しかし、現実は、小学校へ着くと一日中、泣いていた私。


ある日、母に会いたい気持ちが溢れ出し、
幼い妹を連れて、15キロメートル先の母を目指して歩き出した。

途中、青い橋を渡りはじめて、ふと下を見ると、
川が小さく見えた・・・・・。
怖かった。寒かった。心細かったけれど、
前しか見ず、歩きはじめた。

辺りはうす暗い・・・・・。
ぐずる妹を励まし、自分を励まし、橋を渡りきった。
ひたすら…ひたすら…歩き続けた。
あと少しというところで、道がふたつに分かれていた。
いつも車で通っている道なのに、どちらに進んでいいかわからない。

近くのお菓子屋さんで、道を訪ねようと、中に入るやいなや、
今までながしたことのないような大粒の涙が溢れ出して止まらない。

何時間くらい、泣き続けたのだろう。
辺りは真っ暗。
あまり泣いたことがない私が、号泣していることに驚き、
泣くに泣かれず、固まっている妹。

母に、やっと逢えたのは、よる11時半頃。

「生きとってよかった~ ほんまに…ほんまに…
生きとってよかったぁ~~~~~!!」と、
母も、号泣していた。

今でも、あの道を通ると、昨日のことのように、鮮明に蘇ってくる記憶。

どちらの道を進んでも、母に会えたのにね・・・


現在、45歳。双子の娘たちに恵まれ、子育て、真っ只中。

いつどんな時でも、傍にいてあげれるよう、
自宅で保育園をしている。

共働きの時代。
一生懸命に頑張っても、ママには叶わないけれど・・・・・。

ママが頑張っているあいだ、ママも、園児さんも、淋しくないように、
頑張ってるパワフル双子ママ園長 ~ continue ~







同じカテゴリー(2017/4/21以前のブログ)の記事
繋ぐ
繋ぐ(2017-03-07 15:01)

祝!母娘酉年♥
祝!母娘酉年♥(2017-01-03 12:03)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。