プロフィール
SALON ガラスの靴
SALON ガラスの靴
2007年3月6日、娘たちが
1歳10ヶ月の時に起業!!
徳島市で保育園経営
10年を経て、
2017年4月22日、
食・色・心理学…と、
様々な分野の視点・視座より
一人ひとりの個性を引き出し
コミュニケーション力サポート
メンタルケア・サポートを
重点に活動開始。

===========

 レジリエンス力を築く
      +
   幸せ感覚を磨く
      ⇩
   生きる力を育てる

===========

I am so lucky to have met you.

一度きりの人生、どんな花を咲かせたい?
一人ひとりに心を込めて・・・。
『 心の財産は 一生の宝物 』

===========
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人

2017年03月08日

仕事は、幸せになる為のツール

ご訪問、お待ちしておりましたicon12






ついこの間の土曜日のこと、
ずっとお会いしたかった方のところに、
手土産片手に、娘たちと一緒に訪ねた。
 
同じ年のお子さんを育てている女社長さん。
お互いの近況報告等を話している時、
 
仕事は、幸せになる為のツールよね」
 
と、サラリと発した言葉に、私は大きく頷いた。
 
正直、驚いた。
彼女から、このような言葉がでてくるとは思わなかったから。
 
だってね、その社長さんは、
私と真逆に近い考え方だと思っていたから。
 
「家族が大事。家族が一番よね(^_-)-☆」
「生まれてきてくれて…ほんま、ありがと~
って思うんヨ」
 
嬉しい~♬
このような心の変化なら、皆が笑顔になるね~。
でもね、片手間に仕事をするのでなく、
仕事は、心を込めて、キッチリと…
段どりに抜かりない方。
 
限られた時間をどう使うか?何が大事か?
メリハリある時間割がいい!!
 
それから・・・
私の思いきった決断に、
「浩子さん、それ、正解やわ~。さすが、浩子さん。納得♡」
  
閉園を、まだ・・・残念がる自分がいたことに、気付いた瞬間。
会いに伺って、よかった!と心から思った。


子育てしながら働くことは、大賛成!


いつもかも、自分のこと優先・仕事優先で、

我が子を保育園や実家等で面倒みてもらうのは反対です。



親としての楽しみを味わっていただきたいなと思います。

悩んだり、心配したり、誰かに相談したり、助けてもらったりしているうちに、
子どもは大きくなっていくもので、
親も、親らしくなっていくものなんですから。


1歳10カ月の双子娘たちのママが、認可外保育園開設という起業を選び、
他園の後継者園長・新規園園長のお声掛けも首を横にふり、
敢えて、棘の道を歩み続けた10年間の得たものは、かなり大きい。



体感できてからこその学びは、特別(*^_^*)
セミナーやワークショップなどで、学べません。



母としての役目を軸に、幸せになる為のお仕事(*^^)v  

Posted by SALON ガラスの靴 at 23:53Comments(0)2017/4/21以前のブログ

2017年03月07日

繋ぐ

ご訪問、お待ちしておりました。
 


上記の画像は、娘たちが3歳の時の姿です。
振り返れば、つい先日のような感覚ですが、
実際は、私をおんぶできるくらい大きくなっています。
 

かしの木は、3月6日で10周年を迎えましたface05
本来なら、お祭り好きな園長ですので(笑)
”大感謝祭!!”と、賑やかな企画を考えていたと思います。

 
ベビーさろん かしの木は、平成29年3月31日を持ちまして、
閉園することにいたしました。
詳細は、ブログをご覧にいただけますと幸いです。
http://ameblo.jp/tuluce/entry-12252379398.html
『 ベビーさろん かしの木 閉園のお知らせ 』 

 
いろんな選択肢がある中で、選んだものは、
心理学をベースにし、食育を組み合わせながら、個人に合わせた

母子のコミュニケーションサポート、育児サポート、
ワーキングウーマンのメンタルケア・サポート
で、
子育ても、お仕事も楽しくできるように…
幸せを感じる感覚を育てていきたいと思っています。

4月からは、形態が変わりますが・・・
今までの経験を活かし、更に専門分野を極め、
一人ひとりに寄り添った活動の準備中です。
準備が整いましたら、お知らせいたしますface01





2月21日、
最愛の母が、大好きな桜の花を待たず…永眠いたしました。




大好きな母へ(2月21日)
 
産んでくれたこと、育ててくれたこと、
心から感謝いたしております。

 
~~~~~~~~~~~~~

   
春色の紅さして、
プリーツのワンピースの装い。
「お母さん、
  とてもよく似合ってる( ´艸`)」
 
暖かい日差しの中、
この世を、もう少し…
一緒に楽しも~♪
 

~~~~~~~~~~~~~



(2月22日 お通夜)

21日夜と22日の夜は、母の傍に居られた。
お母さん!と何度も呼べた。
有難う!と何度も何度も・・・。


~~~~~~~~~~~~~



(2月23日 お葬式)

ご多忙な中、
また、ご遠方より、母に会いに来てくださり、
大変、有難うございました。
  
たくさんの方々に見守られ…大好きな花に囲まれ、
甘い匂いとともに、天国へ旅立っていきました。
 
昨日、一昨日と、安らかに眠る母の傍で、
ずっと一緒にいることができました。
 
 
人は生まれてくる時、「オギャー」と言って
泣いて生まれてきます。 周りの方は、笑顔で出迎えてくれます。
 
命が絶えた時は、周りの方は涙を流して、見送ってくれます。
天国へ旅立つとき、棺桶の中では笑顔で眠っていたいものです。

人は遅かれ早かれ、天国へ旅立つときが訪れます。
見送る側も、見送られる側も、未練なく・・・・・。
流した涙は三途の川となり、川の向こう岸で、ご先祖様の出迎え。
三途の川を渡りおえると、一度だけ振り返る。
こちらに手を振り、深いお辞儀をして・・・。

こんな感じのあの世なのかな~?と。
 

 
母は、華道茶道の先生で、
華・香・道をいれた戒名を考えてくださいました。



この三日間で、喜怒哀楽
思い存分表現することができました。
  

Posted by SALON ガラスの靴 at 15:01Comments(0)2017/4/21以前のブログ