プロフィール
SALON ガラスの靴
SALON ガラスの靴
2007年3月6日、娘たちが
1歳10ヶ月の時に起業!!
徳島市で保育園経営
10年を経て、
2017年4月22日、
食・色・心理学…と、
様々な分野の視点・視座より
一人ひとりの個性を引き出し
コミュニケーション力サポート
メンタルケア・サポートを
重点に活動開始。

===========

 レジリエンス力を築く
      +
   幸せ感覚を磨く
      ⇩
   生きる力を育てる

===========

I am so lucky to have met you.

一度きりの人生、どんな花を咲かせたい?
一人ひとりに心を込めて・・・。
『 心の財産は 一生の宝物 』

===========
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人

2015年03月28日

第六感


(画面右から、四つ葉・五つ葉・六つ葉)


ご訪問お待ちしておりました(^_^)

パパと娘たちが、散歩先でみつけたクローバーたち(*^◯^*)
パパが 「 ピン! 」 ときたところに、たくさんの四つ葉があったとのこと。
第六感が冴えているパパ…
いつになく~(笑)娘たちが尊敬の眼差しでみていました。



(四つ葉のクローバーたち)

< クローバーの花言葉 >
1、一つ葉のクローバー「困難に打ち勝つ」「始まり」「開拓」「初恋」
2、二つ葉のクローバー「素敵な出会い」「平和」「調和」
3、三つ葉のクローバー「愛・希望・信仰」
4、四つ葉のクローバー「幸運」「幸福」
5、五つ葉のクローバー「経済的繁栄」「財運」
6、六つ葉のクローバー「地位と名声」
7、七つ葉のクローバー「無限の幸福」


第六感の能力は誰でもあるのですが、
五感に磨きをかけていくと、第六感が冴えていきます。

~goo辞書より~
《五感以外にあって五感を超えるものの意》理屈では説明のつかない、
鋭く本質をつかむ心の働き。インスピレーション。勘。直感。霊感。「―が働く」

味覚(みかく) 視覚(しかく) 触覚(しょっかく) 聴覚(ちょうかく) 嗅覚(きゅうかく)五つの感覚。
これらの感覚によって外界の状態を認識する。


パパもそうですが、実は・・・私も、第六感が冴えているときには、
透き通った人間!?を目撃したことがあったり、
影が、みるみるうちに濃くなって変化していくシーンもあったり…
このときは、背筋がゾ~ッとしました(^◇^;)

そんな体験談は、まだまだございます。
また、小出しに綴っていきたいと思います(^O^)
  

Posted by SALON ガラスの靴 at 23:06Comments(0)2017/4/21以前のブログ

2015年03月19日

徳島♥働く女性のロールモデル事例集



ご訪問、お待ちしておりました♫


『 働く女性のロールモデル事例集 』
 ♡ WOMAN Tokushima ♡





徳島県内で働く様々な職種から選ばれました、86名の方が載っております。 

私も、ご推薦いただきましたので、お受けいたしました。
働く女性のどなたかの ” 勇気のかけら ” に、なれれば、本望でございます。
子育ても、お仕事も楽しくしてまいりましょう(*^◯^*)




We link it to the next generation! 
  ~ 次世代に繋げていきましょう ~





娘たちと一緒に記念にとりました♬
うしろのオリーブは、三軒屋に移転してきた時に植えたもの。
当時の2、5倍ほど成長しております。


母親の役割を軸にして、お仕事を頑張ることが一番いい^^

誰の為にはたらいているのか?
何の為に働いているのか?
一番大切なものは何ですか?


ワークライフバランスを、今一度、見直してみませんか?





It's confronted with itself.
~自分自身と向き合う~


夢と希望で、ワクワク(o^^o)ドキドキ♥は、
心をピカピカにしてくれます。

磨けば磨くほど、光り輝く心。
磨く手間は、惜しんではいけません。

ひとりが輝くと、その光は、反射します。
その光に気づいた者の心に、変化が現れます。

さて・・・・・
どんな変化をもたらすのでしょう(笑)

これも、お楽しみの一つ(*^◯^*)


徳島県働く女性のロールモデルのご推薦をいただけたこと・・・
私が!? 何故!? ほんとに!?  そんな気持ちもございましたが、

かしの木8周年を迎えれたことの ” ご褒美 ” として有難くお受けし、
また、新たな気分で、9年目を頑張っております。

『 腰は低く  志は高く  皆さまに感謝! 』
  

Posted by SALON ガラスの靴 at 20:39Comments(2)2017/4/21以前のブログ

2015年03月07日

祝!開園8周年☆



ご訪問、お待ちしておりましたicon06


平成19年3月6日に、保育園を開園し、
本日、8周年を迎えることができました。
当時、1歳10ヶ月だった娘たちは、今は、9歳。


3歳くらいのときだったかなぁ・・・
「ママ先生、Sちゃんの様子、少しおかしくないですか?」
当時お勤めしていたA先生が、心配そうな表情で、飛んできた。

次女は、おもちゃ棚に持たれて座っていた。
何がおかしいのか?わからなかったので、A先生に聞いてみた。
その後、よく見ると…瞬きが多すぎる…それも、不規則な激しい瞬き。
思わず、次女を抱きしめた。大好きよ~とたくさん、抱きしめた。
長女の姿を探した。すると、長女は、指しゃぶりが、ひどくなっていた。
長女も一緒に抱きしめ、大泣きした。


我が子たちを、しっかりと見ながら仕事をしてきたのに、何故??
日々の娘たちは、とても良い子だった。
全く、手がかからず、喜んで一緒に園児さんたちと生活しているように見えていた。

現実は、見ていたつもりだったことが、真正面からぶつかってきた。
ストレスや負担となっていたんだと・・・・・。
親として失格。随分落ち込んだ。

病院にいこうかどうか、迷った。
原因は、愛情不足と確信していたので、
一週間だけ、我が子たちのことを中心に生活することを決意した。
スタッフは7人ほどいたので、園の業務は、スタッフたちに任せた。

かわりばんこに抱っこしたり、二人一度に抱っこしたり、
ぱっぱ(おんぶ)したり、とにかく、親としてしたかったことをし続けた。

一週間もたたない間に、二人の症状はなくなった。

この時にいろいろ考えたこと。

何の為に働いているのか?
誰の為に働いているのか?
大切なものは、何か?・・・etc・・


働きながら、子育てをするということは、
家族や職場の人たちが、何かしらのシーンで、
我慢することも、犠牲になることもあるだろう。

仕事をガッツリするためには、家族・職場とのバランスが大事。
一番大切なものを失ってしまう前に、気づかせてもらえたことに
感謝している。

娘たちは、お利口さん。ママが一生懸命頑張っているから、
ずっと、我慢していたんだよね。
子どもが、甘えん坊になる環境を作ってあげれていなかったことを深く反省。


世の中の頑張るママさんたちに伝えていきたいこと。

子育ても、お仕事も、楽しくするためには、
自分自身と向き合う時間を作ること。


忙しいのは、100も承知。

ママひとりが頑張れるのは、3・4年が限度では?
ママが頑張りすぎると、周りが窮屈に感じる時もあり!

子育ては、夫婦だけでするものではないですよ。
立派な大人になるためには、いろんな方との関わりや体験が必要で、
失敗・成功から、自ら学び取れる環境作り、関わリ方に焦点をあて、

意識して過ごしてみると、心に余裕がでてくると思いますよ。


誰の笑顔をみたいですか?




いつも元気印の双子ちゃんたち♥有難う!
下の画像は、とある日の朝ごはん。
毎日、いろんなものをたくさん食べて、小学校にいく娘たち。
夜も、だいたい22時までに寝ています。
よく笑い、よく泣き(笑)感情表現も元気いっぱい!





『 時計は時間を刻みます。我が子の笑顔は心に刻まれます 』


皆様の温かいご支援、心から感謝申し上げます。

園児さんたちのために、家族のために、
そして、自分自身のために・・・・・


小さな力ですが、心を込めて♡
一生懸命に精進していきたいと思います。



今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。





パワフル双子ママ園長
橋口 浩子V(*^^)V




            ~  ベビーさろん かしの木ブログより ~  

Posted by SALON ガラスの靴 at 19:42Comments(2)2017/4/21以前のブログ