プロフィール
SALON ガラスの靴
SALON ガラスの靴
2007年3月6日、娘たちが
1歳10ヶ月の時に起業!!
徳島市で保育園経営
10年を経て、
2017年4月22日、
食・色・心理学…と、
様々な分野の視点・視座より
一人ひとりの個性を引き出し
コミュニケーション力サポート
メンタルケア・サポートを
重点に活動開始。

===========

 レジリエンス力を築く
      +
   幸せ感覚を磨く
      ⇩
   生きる力を育てる

===========

I am so lucky to have met you.

一度きりの人生、どんな花を咲かせたい?
一人ひとりに心を込めて・・・。
『 心の財産は 一生の宝物 』

===========
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人

2013年05月29日

『 紫陽花の会 』

 




『 紫陽花の会 』 …紫陽花は、小さな花の集まり。
七変化で魅了させるのを見ていると、どことなく認可外保育園に似ている。


「 いろんな情報をシェアができたらいいなぁ~♬ 」 と思っていた認可外保育園の園長たち。

そんな声に、お答えてして、
ほっと一息つけたり、褒め合ったり、刺激を受けあったり…
そんなぬくもりのある、お食事会を開催した。


今回、初めてのお食事会。





集まった園長たちは、疑問~各園の方向性までをシェア、
今後の『 紫陽花の会 』 の継続確定。

認可外保育園の園長たちの中には、現場大好き園長が多い。
私も、その一人。
園児さんと歌ったり、踊ったり…楽しいんですよね♬
保育をしながらの、園長の役割を果たすことは
相当、難しいことではあるが、『 心 』で、接しているからこそ
信頼関係ができる。

心底、子どもたちの健やかな成長を願う園長が、
試みたお食事会。

時代が変わっても、残したいものがある。
時代に流されてはいけないものがある。

こども園もいいけれど・・・・・
考えるのと、現実はまったく違う。
各年齢ごとの担当の専門強化大至急!
愛情と、プロ意識と責任感ある人材を配置だよ。

英語教育の前に、日本語教育でしょ。


保育園は、園児さんのことだけじゃなく、
お母さんやお父さんのことも考えている。

乳幼児期に大切なこと、”情緒の安定 ” が1番。
親の情緒も援助がいる時代。


季節行事を楽しみ、食育や色育を通しての
親子のコミュニケーションのきっかけ作りをお手伝い。
子育てに疲れた方に、心理カウンセリングで、楽しい子育てを。

小さな園でも、想いは大きい。
そんな小さな園が、たくさん集まると
紫陽花のように、色鮮やかに輝くかもしれない…。






  

Posted by SALON ガラスの靴 at 21:58Comments(0)2017/4/21以前のブログ

2013年05月11日

ぬくもりのある心





東京の美女からの贈り物。


『 可愛らしい絵本がありましたので、
  双子ちゃんに読んでいただければ嬉しいです。


  いつも応援しています! 』



ママのぬくもりに包まれた子どものように
安心感をあたえてくれる心の持ち主。


見守ってくださっていたことに、感激しました。

人と人は、助け合って、労わりあって…
協力しあい、寄り添いながら、
生きていきたいねぇ・・・・・。

ぬくもりのある心は、
人を倖せにしてくれる。


今の私の気持ちを伝えたかった。
そして、双子たちを、ぬくもりで包んであげたいと思った。

『 母性 』 とは、こうゆうことではないのだろうか?


  

Posted by SALON ガラスの靴 at 22:11Comments(0)2017/4/21以前のブログ