プロフィール
SALON ガラスの靴
SALON ガラスの靴
2007年3月6日、娘たちが
1歳10ヶ月の時に起業!!
徳島市で保育園経営
10年を経て、
2017年4月22日、
食・色・心理学…と、
様々な分野の視点・視座より
一人ひとりの個性を引き出し
コミュニケーション力サポート
メンタルケア・サポートを
重点に活動開始。

===========

 レジリエンス力を築く
      +
   幸せ感覚を磨く
      ⇩
   生きる力を育てる

===========

I am so lucky to have met you.

一度きりの人生、どんな花を咲かせたい?
一人ひとりに心を込めて・・・。
『 心の財産は 一生の宝物 』

===========
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人

2013年03月20日

待機児童と保育所開設




< 2.5万人と言われている待機児童数 潜在数は85万人との推計 >

http://news.ameba.jp/20130319-538/ (アメーバーニュース記事より)



ますます、悪化していく待機児童…。 
優先順位・平等等、間違ってないか? 
行政の役割とは?

未来を担う子どもたちが
素直に、健やかに育っていく為に、
親たちが頑張ってる。

子育ては、家族だけでするものではない。
みんなでするものだ。
子どもは、大人になるまでに、
たくさんの人間と接し、様々な体験を通して、
自ら学びとっていく。

進む道を迷う時もあるだろう。
誤った道を選んでしまう時もあるだろう。

大人たちが、暖かく、時には厳しく見守る中、
大きくなっていくのでは、ないだろうか?

時代が変わっても、流行に惑わされることなく、
生まれながらにもっている 『 生きる力 』を
のばしていくのが、大人の役割。

親として、保育士として、
子どもたちに願うことは、ただ一つ。

『 心も体も、元気に大きくなりますように♥ 』



本当に大切なことを、見失わないように…。
本当に大切なことが、子どもたちに受け継がれていくように…。




< 保育所開設 >
   (徳島新聞より抜粋)

第二の人生、保育所開設へ 元徳島新聞専売所長・伊東さん

 第二の人生の目標に「幼児教育で地域貢献」を掲げて四国大学短期大学部幼児教育保育科で
学んできた元徳島新聞専売所長の伊東勉さん(64)=徳島市金沢1=が
4月、藍住町徳命に念願の保育所をオープンさせる。
夢と愛があふれる園にしようと「ゆめあい保育園」と名付け、
「学んできたことを生かし、園児に人間としての基本をしっかり身に付けさせたい」と張り切っている。 

 伊東さんは2011年に沖洲専売所長を退職後、大学に入学。
40歳以上年の離れた若者と共に幼児教育について学び、今月16日に無事卒業を迎えた。
ピアノの演奏や演劇、保育実習などに果敢に挑戦。体育の授業では背骨を折る大けがを負った。
腹部に巻いたギプスのせいで座れないときは立ったまま授業を受けるなどした。

 夢だった保育所の開設地に選んだのは若い世代が多く、人口が増え続ける藍住町。
昨秋、12年度末で閉園する保育所から施設売却の話が舞い込み購入を決意した。

 園長らスタッフも保育実習先からの紹介などで無事に確保し、無認可保育所としてスタートする。
認可保育所では年度途中からの入園が難しいこともあるが、伊東さんは柔軟に対応し、
地域の高齢者や学生ボランティアとの触れ合いの機会も重視することにしている。

 「小学校に入る前の教育がとても大切。人を思いやり、愛せる子どもを育てていきたい」と
夢を膨らませる伊東さん。保護者への説明会やリフォームの準備などに追われながら、
新たな人生の門出を心待ちにしている。




【写真説明】スタッフと共に開園準備を進める伊東さん(左)=藍住町
3月20日


伊東さんとの出会いは、かしの木を開園したての頃。
突然の訪問に、質問攻めだったのを覚えている。

その後、半年位すぎた頃に、二度目の訪問。
この時は、娘さんに保育園を開園させる為に、
お父様ががんばっている感じを受けた。

三度目は・・・熱い思いに共感したのを覚えている。

その後、かしの木移転等でバタバタして、月日が過ぎた。
落ち着いた頃に、ふと伊東さんのことを思い出した。

移転後、2ヶ月ほど「移転のお知らせ」をドアに貼ってあったが、
それ以後の訪問だと、きっと閉園したとおもってるんだろうなと思っていた。

その数日後、電話のベルがなる。
聞き覚えのある声…伊東さん。

お会いしてない間、お体をこわされ長期入院していたというお話、
どうしても、保育園を開設したいというお話…
後日、訪ねてくださる日をきめ、電話を切った。

久しぶりの再会に、とても懐かしく、嬉しく思った。
数えるくらいしかお会いしたことがなかったが、
『 子どもたちに向ける熱い想い 』 が、私たちを繋げたのだと…。

伊東さんの想いは、私の想いと同様、奥底から湧き出てくるものを
冷まさないように、ひとりでも多くの方に伝えていきたい。

『 乳幼児期の大切さ 』 を重視した保育を取り組み、長く続けていただきたいと願う。


お互いに、健康に気をつけて、子どもたちの為に
子どもたちと一緒に輝いていきましょ~~~!♥と
今度、お会いしたらお伝えしたいと思った。



パワフル双子ママ園長  

Posted by SALON ガラスの靴 at 15:12Comments(0)2017/4/21以前のブログ

2013年03月16日

✿ 秘められた想い ✿




ホワイトデーに、
パパさんから、ママさんから、おばあちゃま・おじいちゃまから…

保護者の方からいただいたお菓子たち。
思いもかけぬ贈り物に、感激…(;;)

お心遣いに、嬉し涙が滲みます。


一人のパパさんからのメッセージ。
胸にじ~んときました。
自筆の短い文の中に、パパさんの秘められた想いがギッシリと
詰まっているように感じました。

最後に書かれた言葉、
『 息子を宜しくお願いします 』

園でいる間は、責任もって保育させていただきます。
ご安心してくださいませ^^

パパさんは、お子さまのこと・お仕事のこと・・・・・
たくさん、頑張ってらっしゃいます。


一人きりじゃ、ないと思いますよ。
支えてくれている人、共感してくれてる人、
見守ってくれてる人、応援してくれてる人…

自分の信じた道を、一歩一歩と
一生懸命、歩んでいってほしいと思います。

次の一歩は、少し一服してから♪

応援しています。


  

Posted by SALON ガラスの靴 at 20:12Comments(0)2017/4/21以前のブログ

2013年03月08日

祝★六周年



しゃぶしゃぶでお祝いしました。食べ放題のお店でしたが、とても美味しかったです♫


選べるデザート。 子どもたちも大満足でした^^




平成19年3月6日に、かしの木を開園。


その当時、双子たちは、1歳8ヶ月。
(よく思い切って立ち上げたなぁと、過去の自分に感心)

朝から晩まで、ずっと一緒に過ごしてきた幼少期。


いっぱい笑ったなぁ~

いっぱい泣いたな~

いっぱいなやんだな~

いっぱい怒ったな~

喜怒哀楽全開の6年間。


振り返って、一言。
『 開園してよかった 』

我が子たちは、小学生。
『 ほんまに、ありがとう 』



遠い昔の話…
学生時代、生きてるのが辛くなった時期があった。

人間関係・・・ですね。


心に寄り添ってくれたのは、母・父・先生・ともだち。

あの時、
話をきいてもらえたから…
優しく見守ってくれたから…
私のことをしっかりと見ていてくれたから…

心が冷たくなっていくのを、
一生懸命あたためてくれた人がいたから、
私は、救われた。

今、私が元気に過ごしているのは、
愛されて育ってきたから。

今は私が、親となり、
そして、可愛い子どもたちと接する仕事につき、
生きがいを感じている。

『 相手に伝える 』 から、 『 相手に伝わる 』ように、
経験を積み重ねていこうと思います^^


愛情たくさん注がれて、大きく育っていくように…
かしの木がきっかけになれますよう、
たくさんの 『 愛の種まき 』させていただいています。

その種が芽を出し、
やがて、大きな色鮮やかな花が咲き誇りますように♥

強く、元気に、生きる力が育っていきますように m(__)m



ありきたりの挨拶文かもしれませんが、
今の気持ちをお伝えしたいと思います。

保護者の方、地域の方、おともだち…
たくさんの方々に、心より感謝申し上げます。

そして、
これからも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。





パワフル双子ママ

ベビーさろん かしの木
   園長  橋口 浩子  

Posted by SALON ガラスの靴 at 19:59Comments(0)2017/4/21以前のブログ

2013年03月04日

目標一つ目クリア(*^^)v






今年の目標!!



① 5kg痩せるヽ(*'0'*)ツ



② 今年度中に、

  TCトレーナー養成講座 (カラーセラピー) の資格を取得する。



③ その他諸々・・・・・(笑)



の中の一つを、叶えれました。

このトレーナーの資格取得で、

『カラーセラピストの養成スクール』が開講できます。

開講は、4月以降に予定しています。

早くも、受講生が待機してくださっています。



①の目標は、なかなか進まず・・・・・(^^;


③のその他諸々…

年始に決意していたことに、3つほど加わり

同時進行しています。




< カラーセラピーとは? >

カラーセラピーとは、日本語で色彩療法のこと。
色の生理的、心理的効果を使って心身のバランスを取ることを目的にした療法のことです。
たくさんある色(カラーサンプル)の中から、気になる色を直感で選び、
その色のメッセージ(意味)をカラーセラピストが伝えることで、
クライアントが内面と向き合う手助けをします。



昔から、”病は気から ” と、言いますが、
子どもも大人も、地位ある人も、関係なく
メンタル弱すぎ…と思うことがあります。

今の私を知ってる人は、信じられないかも!?
というよりも、噴出されます~(^^;;;

実は、気が弱く、引っ込み思案な学生時代を過ごしてきたのです。
何が、変えたのでしょうね~(笑)

悩んだっていい、泣いたっていい、怒ったっていいと思いますよ。


困った時は、考える。悩んで答えがでなかったら、誰かにお話しましょ^^
哀しい時は、大声で泣こうよ。 スッキリしますよ♫
ムカムカしたときは、これもまた、誰かに聞いてもらいましょ^^

カラーを通して、
その方自身が 心の整理がスムーズにでき、
『気づき』が、次へのステップとなることでしょう。

ひとりでも多くの方の心が笑顔になりますように…  

Posted by SALON ガラスの靴 at 20:43Comments(2)2017/4/21以前のブログ