プロフィール
SALON ガラスの靴
SALON ガラスの靴
2007年3月6日、娘たちが
1歳10ヶ月の時に起業!!
徳島市で保育園経営
10年を経て、
2017年4月22日、
食・色・心理学…と、
様々な分野の視点・視座より
一人ひとりの個性を引き出し
コミュニケーション力サポート
メンタルケア・サポートを
重点に活動開始。

===========

 レジリエンス力を築く
      +
   幸せ感覚を磨く
      ⇩
   生きる力を育てる

===========

I am so lucky to have met you.

一度きりの人生、どんな花を咲かせたい?
一人ひとりに心を込めて・・・。
『 心の財産は 一生の宝物 』

===========
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人

2012年09月30日

「 愛してます 」



< 親子プチファーマー体験 > 5~9月

5月に苗植えをして・・・
合間に草抜きや水やりをして・・・
一生懸命に育てた薩摩芋。

徳島名産の ”鳴門金時 ”。
商店で買えば、主婦なら少し迷うお値段。
お土産屋さんで、買えば、更に頭を抱えるお値段(笑)

今年も豊作。  天の恵みに感謝です!
保護者の心遣いに、感謝です!



子どもたちは、大喜び♫
1~3歳までの子どもたちは、土や虫に興味をもつ。
4歳以上のお友だちは、大人の言葉に耳を傾け、
お芋を傷つけないように、神経を集中する。

大人たちは、芋掘りを子どもに返り、追体験を楽しむ。

私は、それぞれの表情を確認して微笑む…。




その後は、まったりと流れる時間の中で、
家族の交流を楽しみながら、
和気藹々とお食事で、お腹も心もいっぱいだ♥

焦げたお肉も、美味と感じる。

共働きの時代・・・・・。
ほんの一時だが、ママになれ、パパになれ、
可愛い我が子の笑顔をみて、倖せと感じる。


双子たちは、小さい子のお世話をしたり、
保護者たちに、お世話されたり(笑)
それぞれに、交流を楽しんでいる様子。


当日、お誕生日を迎えられたママさんにサプライズ!!

子どもたちを汽車ポッポで、ママさんの前まで行き、
ギターを伴奏に、ハッピーバースディの歌をプレゼントicon06

そして・・・・
パパさんから、「 愛してます 」の言葉が・・・・face05


心に残る記念日。
私にむけられた言葉じゃないですが(^^;
嬉しかったです。

母でもあり、妻である。


ママさんたちにますます輝いてもらいたい。

パパさんたちには…子どもとママの笑顔を守ってもらいたい。


たかが、「かしの木」?
されど、「かしの木」?
だから、「かしの木」?
やはり、「かしの木」

こんな感じでとらえていただきたい。  

Posted by SALON ガラスの靴 at 13:09Comments(0)2017/4/21以前のブログ

2012年09月21日

「 初心忘るべからず 」



少し前、2年半ぶりに美容院に行った。


独身時代は、一ヶ月に二度ほど通っていた…

母になって、多忙になり、半年に一度…

保育園を開園後は、一年に一度になり…

気がついたら、2年半も過ぎていたface08


仕事と双子育てに夢中になるのも楽しいけれど、

お洒落をするのも、ワクワクする。


サングラス、なかなか・・・グー(^-^)g"" でしょ♥  (笑)



初心に戻り、何事にも謙虚に取り組もう。


何事にも感謝!

当たり前はないよ・・・

謙虚な心は、幅を広げる何事も。


※画像は、本日の写真。

 双子たちの参観日の帰り♫  
Posted by SALON ガラスの靴 at 23:56Comments(0)2017/4/21以前のブログ

2012年09月14日

「 異年齢保育の醍醐味 」



9月に入り、やわらかな日差しが多くなってきました。

コオロギのBGMで、秋風が運んでくる稲刈りの匂い…。
幼き日の懐かしい思い出が甦ります。


< 異年齢保育の醍醐味 >

あ!おもちゃがベッドの下に転がった~と思ったら、

三人の見事な連携プレイ!!!

3歳女児が、ベッドの下の柵をあけ、
2歳男児が、すかさず、下に落ちてこないように持っている。
3歳女児が、ベッド下に潜っていくと、
2最女児が、おもちゃの位置を教えながら、心配そうに見守る
       (下に潜ると、おもちゃが見えにくくなる)




子どもから学ぶ事が多く、常に新鮮な気持ちでいられます。

大人だから・保育士だから…
「 〇〇を教える 」 ではなく、
「 〇〇を伝える 」と、いうように考えています。

大人だって、間違いや勘違いありますよね!?

「 〇〇を伝えていく 」 だと、
人との関わりが深まるような気がしませんか?^^




 

  

Posted by SALON ガラスの靴 at 20:35Comments(0)2017/4/21以前のブログ

2012年09月02日